JYJの妄想小説ブログです。妄想小説が苦手な方は閲覧しないでください。JYJも妄想も好きな方は是非どうぞ(^^)気に入ってもらえますように(*´∀`)


by 凛

プライド 第52話

まるで時間が止まったようだった。

綺麗な髪
パッチリした大きな目
華奢な体
穏やかで優しい雰囲気

全部俺の大好きな美桜のままだ。
だけど…本当に綺麗になった。
顔だけじゃなくて、他の部分も。顔だけ綺麗な人は見慣れているけど、あんなに凛とした人は他にはいない。
ツンケンしてるわけじゃなくてとても穏やかなのに、芯の強さが伝わってくる。
きっと仕事頑張ってるんだろうな。なんだか自信も伝わってきたし。

思いがけない美桜との再会に心踊った俺は、駐車場まで美桜を追いかけた。
何か話したかった。
近くで見ているだけでいい。
そんな気持ちで美桜に声をかけたんだ。でも…


『パクさん、何かご用でしょうか?』
パクさん…名字で呼ばれてあんなに落胆したのは生まれて初めてだ。しかも、ガチガチの敬語だし…。
仕事で来てるんだから当たり前かもしれないけど、やっぱりショックだった。

結局、当たり障りのない話しかできなかった。一体何のために追いかけてきたのやら…。
動揺している俺とは対称的に、美桜は表情を全く変えずに颯爽と去ってしまった。

美桜の車が完全に見えなくなっても、しばらくその場から離れられなかった。

美桜にとって俺は過去の人間にすぎないのか…。
別れを切り出したのも美桜だし、連絡先を変えたのも美桜だ。
今では完全に俺の片想いか…。

数年ぶりの再会に高揚している自分と、全く隙を見せなかった美桜との違いに、過ぎた時間の長さを実感させられた。


*****

「いやーいい人に来てもらえて良かった良かったー!」

事務所に戻ると、社長がすっかり上機嫌だった。
「頭良し・礼儀良し・人柄良し!ソンさんが大絶賛するのも当然だな!しかも美人!…あ、ソンさんにお礼の電話かけなきゃな!」
社長にここまで褒められるなんて…しかも1回会っただけで…。
美桜すごいな…。

美桜の家にたくさんあった難しそうな本や、夜中に必死に勉強していた美桜の姿を思い出す…。
銀行の仕事がどんなものかは全然わからないけど、さっきの美桜の姿・上機嫌な社長を見たら、美桜の頑張りがよくわかる。

「荷物整理しなきゃ…。」
俺は独り言を言って、事務所を出た。社長が上機嫌で電話をかけている声を耳にしながら。


*****

ドン!!

「ユチョン!銀行の人が美桜ちゃんなの知ってた!?」

「ジュンス!いくら隣の部屋だからってベランダから入ってくるなよ!ビックリするだろ!それに、ここ10階なんだから本当に危ないし!」
俺の日本での新居に、ジュンスがベランダから入ってきた。
「こっちの方が玄関からより早いんだもん。そんなことより、美桜ちゃんだよ!ユチョン知ってる!?」

「知ってるよ。挨拶したし。」
淡々とした俺の口調に、ジュンスは驚いている。
「ちょっと!なんでそんな冷静なんだよ!美桜ちゃんだよ!美桜ちゃん!」
「冷静じゃないよ(笑)驚いてるよ(笑)でも、いきなりベランダから誰かさんが侵入してきたせいで、美桜と会った驚きが吹っ飛んだ(笑)しかも、さっきすごい音してたけど大丈夫?どこか打ったりしてない?」
俺は軽く笑ってそう答えた。

「大丈夫だよ。」
「ならいいけど、これからはベランダから出入りするのやめろよ。」
「うん。…なぁ…ユチョン…。
俺、ユチョンと美桜ちゃんの二人がすごく好きなんだ。本当に良い二人だと思ってた。だから、別れた時自分のことみたいにショックだった。美桜ちゃんと連絡取れなくなってから、ユチョンは抜け殻みたいになって…。別れたことにも、別れた理由にも、別れ方にも、ユチョンはずっと納得できてないよね…。俺も納得できてない。」

ジュンスはいつになく真剣な表情で話している。こいつはいつもボケてるくせに、時々核心に触れてくるんだ。

「だからさ…ユチョン頑張ってよ。まだ好きなんだろ?だったら、アタックあるのみだよ!」
いつもの子供のような笑顔でそう言うと、ジュンスはベランダへ去って行った。

「ジュンス!玄関から帰れよ!」
「だって、ベランダから来たから、鍵持ってないんだもん!今日だけだから!じゃあね!」

本当に危ないぞ…。ここ10階だぞ…。

…ジュンスの言う通りだな。
片想いなら…両想いにすればいい。
もう一度美桜に好きになってもらいたい。
さあ、どうすればいい?

つづく
[PR]
Commented by my-my012 at 2013-10-04 20:33
ジュンちゃん~危ないですから‥‥( ̄∇ ̄;
)
昔、ハワイで息子が鍵を閉めてしまい隣の部屋のベランダからいれてもらったことを思い出しましたよ…
ってそんなことはどうでもよくて、ジュンちゃんナイスアシスト!

そうだ!ゆちょん、美桜のためにも動き出すんだーー(≧▽≦)

いいね、幸せに向かうって♡♡♡
Commented by rin1119a at 2013-10-04 21:42
ジュンス危ないにもほどがありますね(笑)

そんなことがあったんですか(゜ロ゜)無事に入れて良かったです。
ジュンスは普段はボケてますが、意外と決めるとこは決める男です(私のイメージ)♪
ちなみに、この役はジェジュンの予定でしたが(もちろんジェジュンはベランダから侵入しませんw)、なんとなくジュンスになりました。
ジェジュンも今後ナイスアシストをする予定です(*≧∀≦*)男の友情もお楽しみに(^o^)v

ユチョンはどう動くのでしょうか\(^o^)/
Commented by k-tmyf at 2013-10-04 22:52
言っちゃいなよっ!!
今言わなくて、いつ言うのっ!!o(>Д<)o

はぁ…興奮してしまった……。
疲れた体でもジュンジュンくるんだ……新発見☆

凜さ~ん、催促しちゃっていい??

続きよみたぁ~い!!
Commented by rin1119a at 2013-10-05 10:05
先生♪
おはようございます(*´ω`*)
いつ言うの?…今でしょ!
あ、もう流行り若干終わってますかね(笑)?

疲れた体でも興奮させることができたなんて嬉しいです(*≧∀≦*)

次気になりますかー( ^∀^)?催促承りました\(^o^)/笑 今日中にはアップします(*´ω`*)
by rin1119a | 2013-10-04 20:18 | プライド | Comments(4)