JYJの妄想小説ブログです。妄想小説が苦手な方は閲覧しないでください。JYJも妄想も好きな方は是非どうぞ(^^)気に入ってもらえますように(*´∀`)


by 凛

You are my sunshine 第15話

「これが…全部私の曲…」
「そうだよ!どう?気に入った?」
ジェジュンオッパが私に作ってくれた曲は、全部で10曲。
全部素敵な曲だけど、私が一番気に入ったのは…

「はい!特にこの曲が良いです!」
「やっぱり!そう言うと思ったよ。じゃあ、デビューシングルはこれで決定ね。」
「えっ!?私の意見だけで決めちゃっていいんですか!?」
「いいの!だって、歌うのチェリムじゃん。」

私が一番気に入ったのは、『ソレイユ』という曲。
メロディが印象的だし、歌詞がすっごくいいの!夢に向かって頑張る人を応援する…すごく素敵。他の曲もすごく良いし。

私…本当に恵まれてる。
こんな良い曲は、絶対にたくさんの人に聞いてもらわなきゃ!頑張る!

「デビューシングルは、ソレイユで、他の9曲のうちのひとつはカップリングだね…。…チェリム?どうしたの?」
「オッパ…ありがとうございます。こんなに素敵な曲をたくさん作ってくれて…私…頑張ります!」
「うん!俺と一緒に頑張ろう!」

あ…

ジェジュンオッパに頭撫でてもらった…。
落ち着く気持ち半分…緊張半分…よく頭撫でてくれるけど、まだ慣れない。
だって、オッパみたいなカッコいい人にこんなことされたら、ドキドキしちゃう。
それに…オッパの綺麗な顔がすぐ近くにあるし。


*****

チェリムのデビュー曲とそのカップリング曲が決まり、来週は早速レコーディングだ。
チェリムは、初めてのことにソワソワしている。

そんな彼女のことを考えると、思わず顔が綻んでしまう。
素直な所、元気な所、キラキラした笑顔…可愛いよな、本当に。

「ヒョン、またチェリムちゃんのこと考えてるの?」
「ん?まあね。」

JYJ3人での仕事の休憩時間に、ジュンスに言われた。
「本当にお気に入りだよね。たまには、melodicのみんなのことも気にしてあげなよ。ヒョンが構ってあげてないせいで、いつも以上にエリが怖いんだよねー」
「18歳の女の子相手に何言ってるんだよ(笑)エリ、ちょっとツンとしたとこあるけど、優しい子だよ。」
「まあ、優しいけど…俺に対する突っ込みが辛辣なんだよ…」

たしかに、エリはジュンスに結構辛辣な突っ込みをしてるな(笑)でも、悪気はないし、ちゃんと先輩のジュンスを立てている。

エリ…チェリムのデビューをどう思ってるだろう?あの子のことだから、対抗意識燃やしてるんだろうな。
チェリムとエリのライバル関係がどうなっていくのか楽しみだな。


*****

「もしもし?わかってるわよね?何をためらってるの?殺せって言ってるわけじゃないのよ?ちょっと怪我させるだけでいいのよ。」
『でも…ミオクさん…いくらなんでも…それは…』
「お礼ははずむって言ってるでしょ?あなた、イ・チェリムが憎くないの?あなたの方が2年も長くレッスン生をしてるのに、あんな子にデビューとられて。」
『それはそうですけど…』
「だったら、さっさとしなさい!私、今から収録だから切るわ。頼んだわよ。」

イ・チェリム…あんな垢抜けない子がソロデビュー!?ふざけないでよ!?

私はね、小さい頃からずっとレッスンを重ねて、ようやくデビューできたの!
それなのに、何よ!
あんなド素人で、ルックスもたいしたことないイ・チェリムがソロデビューですって!
しかも、ジェジュンさんプロデュースで!社長もオーディション合格者の私を無視して、あの子にばかり構って!

しかも、最近イ・チェリムが業界で噂になってる。

melodicのエリを凌ぐ天才がCエンターテインメントからデビューするらしい!…って。

あんな子、エリさんの足元にも及ばないわ!
エリさんのライバルに相応しいのはこの私!今はまだエリさんを追いかけているけど、必ず肩を並べて追い越してやるわ!

追加メンバーオーディションで一緒だったけど、普通の子よ!あんな子がどうしてエリさんのライバルになるのよ!

それに、一番気に食わないのは、エリさんまであんな子を気にかけてることよ!
許せない!イ・チェリム!デビューなんて絶対にさせないわ!


*****

「チェリム!レコーディングお疲れさま!頑張ったね!」
「オッパ、ありがとうございました。次のレコーディングではもっとスムーズにできるようにします。」
「うん。良い心がけだね。でも、すごく良い作品になったから良かったよ。今日はご褒美にいっぱい食べて!」
「はい!」

初めてのレコーディングは、なかなか思う通りにいかなくて大変だった。だけど、オッパやスタッフの人たちが熱心に教えてくれたから、なんとか終わらせることができた。

「あとは、お披露目だね!どう?テレビに出るの楽しみ?」
「楽しみだけど…緊張の方が大きいです…」
「あはは!そうだよね!」

順調にデビューの準備は進んでいる。嫌がらせはなくならないけど、悩んでいる場合じゃない。
それに、デビューしたらレッスン生用の寮から出る。だから、嫌がらせも減っていくはず。

…大丈夫!


つづく
[PR]
Commented by mikamika1963 at 2013-11-27 18:27
凛さん^^こんばんは!
どんどん お話が盛り上がって」いきますね!
続きがたのしみです^^
Commented by rin1119a at 2013-11-27 18:41
みかさん、こんばんは♪
はい(*^^*)どんどん盛り上がっています(≧∇≦)
続きをお楽しみに( ´∀`)
Commented by shuuyuchun at 2013-11-27 19:21
本当の悪役キャラ確定ですね…
さあ、どうなるのか
楽しみです。
Commented by rin1119a at 2013-11-27 19:53
shuuさん、こんばんは(*^^*)
本当の悪役が姿を現しました( TДT)怖い怖い( TДT)
今後をお楽しみに( ´∀`)
Commented at 2013-11-27 20:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rin1119a at 2013-11-27 21:08
鍵コメ様♪
ジュンスも幸せにしてあげたいのですが、私が書くと彼はお笑いキャラになってしまうんですよね(笑)ジュンちゃん難しいですw
親父ギャグですか(゜ロ゜)笑 難しいですねー。チェリムが日本デビューする頃くらいに「おしりペンペンボールペン」とでも言わせましょうか(笑)

性悪ミオクが登場です。登場自体は少し前にしていましたが。
せっかく実力はあるんだから(エリも認めてる)、人を使ってチェリムに嫌がらせなんかするなよ…って感じですね( TДT)
スパッとしましょうか(笑)
Commented at 2013-11-27 22:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rin1119a at 2013-11-28 09:37
鍵コメ様♪
おはようございます( ´∀`)
ユファンくんに指導らしい指導してなかったですもんね(笑)
チェリムは、ジュンスの親父ギャグを真似て言っちゃいそうです(笑)
日本での仕事で…
チェリム「ジュンスオッパに教えてもらった日本語使ってみよー♪最近覚えた日本語は、『おしりペンペンボールペン!』…あれ?なんだかシーンとしちゃった?」
その仕事の後…
ジェジュン「チェリム、ジュンスから教わった日本語は使っちゃダメだよ!」
…って感じですかね(笑)

普段はお気楽ポジティブキャラでも、仕事ではすごいから後輩たちはちゃんと慕っています(エリも辛辣な突っ込みを入れるけど、ちゃんと慕っていますw)。
チェリムとは相性良いですね(≧∇≦)同い年の友達みたいな(笑)

やっぱりジュンスには年上が良さそうですね(笑)
by rin1119a | 2013-11-27 17:55 | You are my sunshine | Comments(8)